【残席1】2020年3月1日東京で「好感度と安心感を高めて地域ナンバーワンへ!訪問診療にこそ求められる接遇マナーセミナー」開催

こんにちは。久保佳世子です。

3月1日(日)に開催する「訪問診療にこそ求められる接遇マナーセミナー」のお知らせをさせていただきます。

今回限りで、特典もご用意しておりますので、どうか最後までお読みくださいませ。

最近下記のようなお問合せをいただくことが増えました。

・居宅、施設など訪問先でのマナー
・ケアマネージャーとのやりとり
・問合せがあったときの応対
・集患について

など、多数お問い合わせいただいております。

具体的には次のとおりです。

・我流の対応だが、間違ってはいないか?
・紹介や口コミで訪問先を増やしたいが増えない
・どうしたら、ずっと継続してもらえるか?
・ケアマネジャーや施設の職員との接し方は、これで大丈夫か?
・スタッフ教育したいが、仕方もその方法もわからないし、時間がない

私が訪問する研修のメニューに、訪問診療用のプログラムを追加しようとも考えました。

しかし、訪問診療に行くスタッフは限られているため、先生にとってはコスト負担が大きいかもしれません。

ですから、リーズナブルに受講していただける集合型のセミナーを開催することにいたしました。

実は、セミナーの開催に際し、訪問診療をスタートして10年以上経験がおありで、成功なさっている先生にお願いをし、11月から週1回半日、訪問診療に同行させて頂いております。

訪問先の施設から、ずっと選ばれ続けていらっしゃいますし、口コミだけで患者さんが増えた医院さまですから、毎回が学びの連続です。

このように成功されている先生の場合、例えば靴の脱ぎ方ひとつとっても、深く考えていらっしゃいます。

揃えるのは当たり前です。ただ、揃えて脱げばよいというだけではありません。

決して、難しいことではありませんが、ちょっとした配慮が、信頼感や安心感につながります。

このような積み重ねが、訪問診療の継続依頼や、紹介・クチコミにつながり、現在も訪問先がどんどん増えています。

その接遇ノウハウを知りたくありませんか?

これから訪問診療をスタート予定、はじめたばかりの先生や、すでに訪問診療は実施していて、もっと訪問先を増やしたい先生はぜひ、セミナーへのご参加をご検討ください。

主なカリキュラム

・訪問診療における現状

・接遇の五原則

・第一印象の重要性

・清潔感、安心感、信頼感を与える身だしなみ

・電話応対の基本

・ロールプレイング(訪問時間に間に合わないとき、ケアマネジャーとのやりとり等)

・あいさつの基本

・居宅訪問時のマナーと注意事項

・施設訪問時のマナーと注意事項

・患者さんとのコミュニケーション時に気をつけるべきこと

・絶対にしてはいけないNG行動とは

このようなお悩みがある先生にオススメです

・最近、訪問先でクレームがあった

・口コミで訪問先が増えない

・自分でスタッフ教育ができない

・ケアマネジャーとのコミュニケーションがうまくいかない

・施設の職員から評価されていないように思う

募集要項

●セミナーの日時
・2020年3月1日(日)13:00~17:00

●会場
AP東京八重洲通りOルーム
東京都中央区京橋1丁目10番7号

●定員
16名 (残席1)

●参加費
・院長またはスタッフ1名参加の場合 20,000円(税込)
・院長とスタッフ1名のペア参加 30,000円(税込)
※スタッフお1人追加につき、15,000円(税込)

スタッフの方とご一緒に参加なさると効果が倍増します。

●懇親会
・セミナー会場付近で17時半から懇親会を予定しております
おひとりに付き5千円です。(税込)

●特典
訪問診療における接遇マナーについての、ご質問を無料でお受けいたします。

チャットワークを使用して、セミナー翌日の3月2日(月)~3月27日(金)無料でご質問をしていただけます。

●お申込み方法

以下のページが申し込みフォームです。
https://pro.form-mailer.jp/fms/c1a0c9e1187023

無料メールマガジンに登録しませんか?